KocoCoko Movie 29

PDCAとはフレームワークであり、PLANから結果を出すまで流れを分かりやすくしたものです。PLAN→DO→Check→Actionという流れでPDCAサイクルは回していきます。

PDCAサイクルは誰にでも容易に回す事が出来るフレームワークなのですが、時代は変化しているので、その時代に合ったフレームワークに変化させた方が思いましたので、KocoCoko運営者が考えるPDCAよりも効率が良く結果を出る方法をKocoCoko29回でコンテンツとして提供致します。

[注意]業種によりIDPADは回せるかどうかは異なります。数字を追求する業種であればKocoCoko29回の内容は今後の仕事で活かす事が出来るでしょう。

IDPADとは

  • INPUT=知識を蓄える
  • DO=実行
  • PLAN=計画
  • Action=改善
  • DO=行動

PDCAを回す事の一番の本質はPLNAの内容です。PLAN立案で失敗すると結果を出すまでに時間がかかってしまいます。

PDCAの本質も情報

まずはその結果の出したい分野で何が一番大切なのかを考える事が大切です。故に本質を見るには知識を付ける事が必須でしょう。知識無くしてPLNAを立案する事は網羅的思考になってしまう可能性があります。

[Example]
中期投資で例えてみると、投資の本質は経済の流れですので世の中の需要と供給がどうなっているのか、またどうなっていくのかを知る事が本質です。

暗号資産投資ですと、まだビットコインが流行っていない時にこれから裏付けされた資産がないインターネット上の資産は流行っていくと考えて投資をしていた人は今大きな利益を得ているでしょう。

これはあくまで一つの例えですが、このように知識を付ける事で何がどうなっていくのかを予想する事が出来ます。知識を付けて行動する事で早くに本質を見抜く事が出来るのです。

[IDPADの図]

こちらのIDPADの図のようにPLANを立案させていく事で、早くに結果を出す事が出来ます。

今回のKocoCoko29回は動画で説明した方がとてもお客様にとって分かりやすい時間になると思いますが故に、KocoCoko運営者自ら解説させて頂きます。

IDPAD説明動画はこちら

YouTube動画ですので、全て無料で見る事が出来ます。

この機会にKocoCoko運営者Instagramもフォローして頂けると光栄です。基本的にはフォローバックしております。

KocoCoko運営者Instagramをフォローする

KocoCoko

KocoCokoは質の高いコンテンツを追求致します。