KocoCoko Movie 41

[KocoCoko41 POINT] 

  • 就職・転職活動で大事な数字を知る
  • 最悪の事態をKocoCokoで知る

2020年は新型コロナウイルスによる大不況の影響で就職活動や転職活動をする人はとても大変だと思います。

有効求人倍率とリーマンショック

2020年8月求人倍率1.61倍
転職希望者前年同月比105.7%
(Dodaより)

2020年新型コロナウイルスのような大不況の時は参考になりそうな過去の統計を見るべきです。

一番近い不況はリーマンショックがあります。

リーマンショックとはアメリカの大手投資銀行が倒産した事によって連鎖的な大不況をもたらす事になってしまった出来事です。

このリーマンショックでは過去最低の求人倍率を記録しました。

2009年7月有効求人倍率0.43

有効求人倍率とは、ハローワークに登録している仕事を探している人に対して求人募集企業はいくらあるかで計算されている経済指標です。

一人の仕事を求めている人に対して、何件の求人数があるかを数字として算出しているのが有効求人倍率です。

有効求人倍率が高い場合は、経済に活気がある事になります。求人倍率が高くなればなるほど、企業が人を求めている事になるのです。

故に、リーマンショック時は人を求めている企業が少ない事になります。

コロナショックでは、リーマンショックほどの有効求人倍率にはなっていません。ですがこれから有効求人倍率1.00倍を下回ってしまう可能性はあります。

[POINT]
今後は有効求人倍率が1を下回るかどうかをチャックする

有効求人倍率は就職活動や転職活動をする上でとても大事な経済指標です。ハローワークに登録している仕事を求めている人という事は、新規卒業学生は含まれていない場合が多いです。

ですが、仕事を求めている人は新規卒業学生だけではなく、転職希望者もいます。故に有効求人倍率を知る事は就職活動や転職活動する上では必要不可欠な数字なのです。

就職・転職は最悪の事態を想定

今、世の中の就活者や転職者は仕事を見つける為に沢山行動されているでしょう。ですが最悪の事態も想定して行動しないと最悪の事が来た時に対処出来ないでしょう。

就職、転職での最悪の事態とは一体なんなのか、それは収入源が決まらない事です。これは仕事が決まらない事を意味します。転職活動の場合は貯金までもが尽きてしまう事を意味します

[POINT]
最悪の事態は収入源が決まらない事

「自分の貯金額がいくらだからどれくらいの期間は転職活動をする事が出来る」というのを考えた方が良いのです。

新卒の就職活動者であれば「在学している期間はここまでだからあと何ヶ月は就職活動が出来る」と考えるべきなのです。

一番危険なのはお金が無くなってしまい、路頭に迷ってしまう事です。1ヶ月の支出を計算、可能であれば支出を下げる事もしましょう。

就活・転職で最悪の事態を避ける

最悪の事態を避ける為には、収入源を増やす方法もあります。アルバイトのような労働ですと時給計算になってしまい、就職活動や転職活動に集中する事が出来なくなる可能性もあるので時間を最小限にして稼ぐ方法の方が良いでしょう。

[Example]

  • 投資
  • 自宅や移動中に出来る仕事
  • 単価の高い仕事

投資に付いてはKocoCokoo投資コンテンツを無料で提供しておりますので、こちらを参考にして下さい。

KocoCoko投資コンテンツ

またはKocoCoko運営者が配信するYouTubeでも投資に付いては配信しております。こちらのKocoCoko Movieを参考にして下さい。

KocoCoko Movie on YouTube List

自宅や移動中に出来る仕事は、世の中に多数存在しております。

単価が高いにも関わらず片手間に出来る仕事はあるのです。そのような仕事を行いながら就職活動や転職活動を行う事で気持ちに余裕も出来、もしも利益を出す事まで出来れば金銭的な余裕ももった状態で仕事を探す事が出来ます。

自宅で出来る仕事や、単価の高い仕事に付いてはKocCoko41 Movieの最後に話しておりますでの、見て下さい。

KocoCoko41 MOVIEへ

このような大不況の時に就職活動や転職活動をする事は困難でしょう。ですが、この困難を乗り越える事で大きな自信を身に付ける事が出来るかもしれません。

KocoCoko配信通知はこちら

KocoCoko

KocoCokoは質の高いコンテンツを追求致します。