KocoCoko Movie46 channel登録する

[はじめに]

自動取引や業者に取引を委託する方法はありますが、詐欺の可能性もあります。今日、説明するのは勧誘は一切なく大手取引所で出来る取引の方法です。

基本的な投資の取引にはストリーミング、OCO、IFD、IFO取引があります。

OCO取引では、一つの注文が成立したらもう一つの注文を取り消す取引方法です。

詳しくはこちらの約9分動画を参考にして下さい。

最後に、IFO取引に付いて解説したKocoCokoも掲載致しますが、IFD取引に付いて深く理解している方の方がIFO取引のような合わせ技を使いこなす事が出来ます。

そしてそのIFD取引に付いては、今回のKocoCoko46で学んで下さい。

IFD=If doneとは一体

IFDとは、If doneの略称であります。日本語でいうと「終了した場合」です。

これは何かというと、新規注文が成立した後の決済注文を自動で行う事が出来る取引方法です。

[IFDが向いている人]

  • 忙しくて投資の時間がない
  • 取引量が増えてきて自動取引をしたいと思っている

このような方にとって、とても便利な取引方法だと言えます。

今回もまたKocoCoko運営者が実践している暗号資産投資、投機でIFD取引の例をあげていきます。

[Example]

Aさんは忙しくてトレードをする時間がないが、トレードをしてお金を稼ぎたい方だとします。

そんなAさんがIFDでトレードを行うとしましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Aさんはこれから仕事があり、チャートを見る時間がありません。

ですが、これからビットコインは上昇した後、急落する可能性があるのでトレードをしたい…

そんなAさんはIFD取引を行うことにします。

仮に現在、1Bitcoinの価格が107万円だとしましょう。AさんはこのようなIFD設定を行います。

「もしも(If)1Bitcoinの価格が107.5万円になったら新規で1Bitcoin購入して下さい。そしてその後109.5万円まで上昇したら決済して2万円の利益にして下さい。」

このようなIFD注文を設定した後、実際に109.5万円まで上昇すれば、上昇の過程で1Bitcoinを購入し、そして決済が成立すれば2万円の利益となるのです。

これがIFD取引です。

このような取引を初めて聞いた方は詐欺だと思ってしまうかもしれません。ですがこれは合法なのです。大手取引所でもIFD取引は行う事が出来ます。

時間がない方はIFD取引を挑戦してみて下さい。

ですが、IFD取引にも注意点があります。それは、価格が思った所まで上昇せずに下落してしまう事です。

故に、少額でのトレードをしてIFD取引の練習をした後、高額な取引をするのも手段の一つです

少額での取引に付いてはKocoCoko43を参考にして下さい。

今回のKocoCokoが参考になってくれた方は、IFO取引に付いてをコンテンツにしたKocoCokoがおすすめでしょう。

IFDを学んだ後は、IFOに付いても学んでみましょう。

[KocoCoko13]時間がない人の投資戦略2[IFO]

KocoCoko

KocoCokoは質の高いコンテンツを追求致します。