KocoCoko Movie 27

2020年は新型コロナウイルスによるパンデミックによって、世界中の金融資産が暴落しました。ですが現在、世界中の金融資産は回復しておりますが故に、暴落時に多額の資金で購入していた人は大きな利益を得ている事でしょう。

今回のKocoCoko27回では、KocoCoko運営者が自ら実践している暗号資産(旧・仮想通貨)投資に付いてのコンテンツを提供致します。

YouTube説明動画はこちらから。
(ボラティリティに付いても説明しております。)

YouTube説明動画を見る

暗号資産投資のメリット

暗号資産投資の一番のメリットはボラティリティが激しい事でしょう。これによって、少ない資金でも大きな利益を得る事が出来ます。

[Example]
1BTCが100万円の時に、0.5BTC購入する。その後に1BTCの売る価格が102万円になれば1万円の利益となります。

このような1 %以上の変動を頻繁にするのが暗号資産投資です。まだ価格の低い通貨は1ヶ月で40%以上の変動ある事もあります。

XRPは7月最安値から8月最高値を比較してみると、約40%以上の高騰ををしているので、7月にXRPを購入していた人がもしも利益確定出来ているのであれば大きな利益を得ているでしょう。

[Example]
XRPが20円の時に10万XRPを購入し、XRPの売り価格が32円の時に決済すると120万円の利益を得ている事になります。

この時に手数料や税金が発生してしまう可能性はありますが100万円前後の利益は得ている事でしょう。

このBTCとXRPの例のように、上がるであろう暗号資産を予想する事が出来れば利益は得れます。少額で稼ぐ事が出来るのが暗号資産投資なのです。

*これくらいボラティリティが激しいという事は、勿論の事急落する可能性も大いにあるので、注意しましょう。

暗号資産投資デメリット

暗号資産投資のデメリットはまず1つがボラティティが激しい事であり、2つ目がまだ世の中的に浸透していない事です。

ボラティリティの激しさや、世の中への浸透は一見するとメリットのように聞こえますが、この2つはデメリットであるとも言えます。

まず、ボラティリティが激しいという事は多額の資金を投入して買った暗号資産も暴落したら資金を失う事になるので、これは注意が必要です。

大口投資家は、安定した金融資産をは購入しています。例えばゴールド等です。暗号資産が安定するようになれば、大口投資家で暗号資産を購入する人や企業が増えると思います。 

そうなれば暗号資産市場は大きくなっていきます。

暗号資産の今後

暗号資産は今はまだ世の中には浸透しておりませんが、これからの時代では暗号資産は主流になってくるとKocoCoko運営者は思っております。

理由としては、送金手数料が安く、送金速度が早い暗号資産が多数存在しているからです。

これから伸びるであろう暗号資産を買っておけば、もしかしたら利益を得る事が出来るかもしれません。

[注意]
もしも暗号資産投資をする場合は、どれくらいの資金でやるのかや、これから購入するであろう暗号資産は暗号資産事業所から取引中止命令が出たりしないのか等々を調べ、検討してかた暗号資産投資は行いましょう。
このKocoCokoでも暗号資産投資に付いては具体的に説明しておりますので、暗号資産投資の注意点等はKocoCokoを参考にして下さい。

KocoCoko26で学んだ方にとって、おすすめの暗号資産投資のKocoCokoはこれらです。ぜひ、これらのKocoCokoでも学んで下さい。

[KocoCoko18]投資初心者の為の注意点を見る

[KocoCoko25]お金でお金を全て失うとはを見る

KocoCoko配信通知は運営者YouTubeチャンネル登録となっております。こちらからはチャンネル登録画面や運営者のInstagramをフォローする事が出来ます。

KocoCoko配信通知を得る・Instagramをフォローする

KocoCoko

KocoCokoは質の高いコンテンツを追求致します。