KocoCoko Movie 2

暗号資産投資をする前にこの2つの注意点を理解していないと後悔します。

暗号資産の注意点はこちら

  1. 証拠金維持率低下で強制損切り
  2. 海外暗号資産事業所の撤退

暗号資産投資をする際は最低限この2つを深く理解して投資しましょう。深く理解していないと万が一の時の対策が出来ません。

*証拠金維持率とは、時価評価総額に対して必要な証拠金の割合の事です。
*時価評価総額とは、入金した証拠金の金額の残高と保有しているポジションの合計金額の事です。

証拠金維持率低下の全体像

証拠金維持率の低下はFXで一番怖い部分です。

暗号資産取引では、現物取引レバレッジ取引があります。

現物取引は、口座入金金額のみで取引をする事で、レバレッジ取引とは口座入金金額よりも多くの取引をする事が出来る取引です。

頻繁にFX業者は「少額からでも取引をする事が出来ます。」という謳い文句を聞いた事がある人は多いのではないでしょうか。

これは一見詐欺のように思う方もいると思うのですが、基本的には詐欺ではありません。

少額で多額の資金を手に入れるとは何かと言うと「レバレッジ取引でお金を増やす。」と言う事です。

一見すると良い話に聞こえるのですが、リスクは高いです。

証拠金維持率が低下すると暗号資産取引業者からは「入金してください。」と通知が来ます。入金出来ない場合は、強制損切りになる可能性もあります。

これがFXの注意点です。この証拠金維持が暗号資産投資では何より重要になります。

*FXとは、Foreign exchangeの略称です。日本語では、外国為替証拠金取引とも言います。証拠金を業者に預け、差金決済による通貨の売買を行う取引の事です。

証拠金維持率低下対策

暗号資産投資のFXは怖いと思う方は多いと思いますが、やり方によっては少ない時間で多額の資金を得る事も可能です。

ですが先程も解説したように、レバレッジ取引にはリスクがあります。そのリスク回避や、最悪の事態を回避する為に証拠金維持率は高く維持しましょう。

証拠金維持率低下対策と投資戦略

買い注文と売り注文の両方を行う
指値取引をする

大前提として証拠金は高く維持してしましょう。最低でも400%は維持した方が良いです。

買い注文と売り注文の両方を行う

暗号資産取引は、暗号資産を買い、売る金額が買った時よりも高ければ利益になります。

例えば、1Bitcoinの価格が80万円の時に1Bitcoin購入して、その後に売る価格が100万円になれば20万円の利益になります。

ですが、逆に1Bitcoinの価格が60万円になってしまったら-20万円になってしまいます。この時に証拠金維持率を高く維持しておけば強制的な損切りや必要証拠金の追加をする必要はありません。加えて、100万円まで上がる時まで待つ事も出来ます。

ですが、もしも証拠金が足りない場合は-20万円です。

売り注文をする

売り注文とは、今の価格よりも金額が下がったら利益になる取引方法で、買い注文とは真逆の取引です。

例えば1bitcoinが売り価格100万円の時に売り注文をします。そして買価格が80万円に下がった時に決済をすると、20万円の利益です。

ですが逆に1bitcoinが120万円になった場合は-20万となります。

指値取引をする

指値取引とは「ここまで購入価格が下がったら購入します。」と言う取引です。

指値取引を設定する事で、暴落時に購入する事が可能です。例えば、現在1Bitcoinが100万円の時に「1Bitcoinが80万円まで下がったら購入します。」と言う指値取引注文をしておけば、自動で80万円まで暴落した際に購入出来ます。

指値取引が成立した後、1Bitcoinの価格が100万円まで戻った時に売ると20万円の利益になります。

「これ以上は下落する事はないだろう。」と言う所で指値取引をする事が重要です。そうする事で利益を得る事は出来ます。

暗号資産で一番注意するべき事

暴落時に損をしてしまう注意点もありますが、他にも注意点は多数存在します。ですが、その中でも一番の注意点は暗号資産事業所の撤退です。

暗号資産事業所が撤退してしまうと、強制的に購入していた暗号通貨を現金に変えなければいけない事もあります。

例えば2020年に日本で改正された法律が二つあり、その二つの法律によって海外の暗号資産事業所は撤退しました。

その法律は、改正資金決済法と改正金融取引法です。この二つの法律についてはこちに詳しく書いたので見てください。

海外事業所は日本から撤退する可能性もあると言う事を頭に入れておきましょう。

対策としては、口座を海外暗号資産口座と日本の暗号資産口座に分散させておく事です。

売り注文&買い注文投資戦略

買い注文と売り注文を合わせた投資戦略もあります。一つの例えだと思って参考にしてください。

まず、証拠金維持率を400%維持出来るようにしておきます。

次に買い注文で1Bitcoin買い注文します。加えて売り注文でも1Bitcoin購入します。

この二つ注文をしておく事で、上がっても下がっても利益になります。

ですが、この投資戦略の注意点としては証拠金維持率低下による強制損切りです。強制的に損切りならないようになる為にも証拠金維持率は高く保っておきましょう。

(補足)売り注文と買い注文を同時に行う投資戦略は大暴落には耐えにくいので、要注意です。

[記事Point]

  • 証拠金維持率を最低400%に保つ
  • 暗号資産事業所撤退で強制的に現金化に注意
  • 指値注文で買いたい金額で買える

[お願い]

記事が少しでも良いなと思って下さった方、シャアをお願い致します。Twitter、Instagram等々でシャアして下さるととても嬉しいです。

Twitterシェアに付いて
TwitterでのシェアはURLを貼り付けるだけで出来ます。[#KocoCoko]をタグ付けして下さると幸いです。

Instagramシェアに付いて
Instagramでシャアして下さる際は、この記事で一番良かった部分をスクリーンショットし掲載して下さい。ですがTwitterと違い、URL掲載ではないので、KocoCoko運営者は気付く事が出来ません。故に、KocoCoko運営者を直接タグ付けして下さると気付く事が出来ます。

KocoCoko運営者Instagramはこちら

ご意見、ご要望もコメントやSNSで下さると光栄です。

KocoCoko運営者SNSはこちらです。フォローお待ちしております。
*記事更新時はInstagramストーリーで公表しております。

次回の配信は運営者YouTubeチャンネル登録でお知らせを得る事も出来ます。こちらからチャンネル登録して下さい。

次のあなたに合ったKocoCokoはこちらでしょう。

[KocoCoko12]仮想通貨投資は危険である

[説明動画はこちら]

KocoCoko

KocoCokoは質の高いコンテンツを追求致します。