KocoCoko Movie 15

KocoCoko第13回ではOCO取引、IFD取引に付いてまとめました。今回のKocoCoko第15回ではOCO取引とIFD取引を合わせたIFO取引に付いてまとめていきます。

前回のOCO取引とIFD取引に付いてまとめたKocoCoko第13回はこちらです。

IFO取引をやる事でリスク回避をしながらも投資をすることが出来ます。短期投資から中期投資、長期投資までどのようなスタイルでの投資でもIFO取引は行うことが出来ます。

[参考KocoCoko]

KocoCoko投資期間スタイル

自分に合った投資スタイルを選びたいが、どういう投資をした方が良いのか悩んでいる人はIFO取引をしてみても良いのかもしれません。これからIFO取引に付いて具体的に解説して行くので、今回のKocoCoko第14回で学んでください。

IFO取引とは一体

IFO取引とはOCO取引とIFD取引を複合させた取引です。前回のKocoCokoを見てくれた方もいるので、ここではOCO取引とIFD取引に付いては省略致します。まだKocoCoko13回を見ていない人は一度見てみましょう。

[KocoCoko13回・OCO取引とIFD取引に付いて]

OCO取引とIFD取引で自動決済をする方法があるという事を知った方は、今回のKocoCokoは浸透しやすいでしょう。

IFO取引を行う事で、自動取引を行う事が出来ます。IFD取引は注文してから利益確定まで行う事が出来る取引、OCO取引は注文までを行う事が出来る取引でした。

IFO取引はそのIFD取引とOCO取引を複合させた取引方法ですので、もっと複雑で便利な取引を半自動で行う事が出来ます。

IFO取引とは「もしも〜円になったら買いたい」そして「〜の金額まで上がったら買いたい」という2つの注文を行う事が出来、かつ「もし〜円になったら損切りしたい」という3つの考えを設定出来る取引方法です。

[Example]

暗号資産(旧名・仮想通貨)を例にあげると分かりやすいです。仮に、現在1Bitcoinの価格が100万円だとしましょう。ここでIFO取引を行う場合は「もしも101万円になったら新規で買いたい」そして「111万円になったら10万円の利益になるから売りたい」だが「もしかしたら99万円になってしまったら急落する可能性があるから損切りしたい」という3つの考えを設定する事で損失額を抑えつつ利益を得る事が出来ます。

しかもこのIFO取引は一度設定する事で自動で注文から利益確定、損切りまでしてくれるので忙しい方には向いているでしょう。

IFO取引注意点

リスク回避もして利益まで得る事が出来るのがIFO取引ですが、注意点もあります。それはIFO取引を行う時に設定する利益確定決済設定を極端に高くしてしまうと、損切りの可能性の方が上がってしまうという事です。

特に暗号資産のようなボラティリティの激しい投資では急落の可能性も大いにあります。だが、高騰する可能生もあります。このような投資を行う時に高騰する事を信じてIFO取引を行う事は望ましくないと思います。

確実に利益を得るのであれば、利益確定設定は極端に高くない所で設定をした方が良いとKocoCoko運営者は考えております。

これから大きな利益を得る為に暗号資産投資をしたい方は、暗号資産投資を危険であるという事をこちらのKocoCokoで学びましょう。

暗号資産投資は危険である・なぜか

[シェアのお願い]

Twitter、Facebook等のURLを掲載出来る媒体でのシェアをお願い致します。加えて、もしもInstagramでのシャアをして下さる方は、こちらのKocoCoko運勢者をタグ付けして下さると運営者は気付く事が出来ます。

KocoCoko運営者冨田光樹のInstagramはこちらです。
フォロー基本的に返しております。

[通知設定方法]

次回の投稿も見逃さない為にKocoCoko通知設定をしたい方は、YouTubeチャンネル登録をお願い致します。チャンネル登録でKocoCoko説明動画通知を毎回得る事が出来ます。

配信通知はこちらです。

KocoCoko

KocoCokoは質の高いコンテンツを追求致します。